区議会議員の給与明細公開

我が目黒区議会の初議会が、無事6月29日終了いたしました。
一般的に全議員が出席して議場で行うのが 本会議
それぞれ各政党から何名かの議員が割り当てられて、専門分野を討議
する物が 委員会
それぞれの委員会 本会議の会議の内容や進め方を決めるのが
議院運営委員会です。
一般的には、議院運営委員会→委員会→本会議の順番で物事が決まっていきます。

委員会にはいつも置かれている常任委員会と何か問題があるときに
臨時で置かれる 特別委員会があります。
実は改選前には目黒区には2つの特別委員会がありました。しかし
あまり開催されず、内容もどうしても必要とはいえない傾向がありました。それでも委員会が開催されれば、委員長 副委員長といった人たちの役職手当や議員の出席交通費に当たる 費用弁償 という費用がかかるわけです。

私達自民党は、今回の議会では、「特別委員会は必要になった時だけ
設置する。現在は必要なし」という取り決めをし、反対だった政党も
納得をしていただき、とりあえずは議会改革に一歩踏み出したスタートを歩み始めました。

目黒区の場合、常任の委員会には
①企画 総務委員会・・・区の総務案件 契約事 基本事項

②生活福祉委員会・・・福祉関係 衛生 健康 など

③文教・こども委員会・・・教育委員会所管関係 子育て関連

④都市環境委員会・・・リサイクル 街づくり 都市開発など

にそれぞれ分かれています。私は地元の大橋ジャンクション、中目黒再開発がメイン課題であり、観光街づくりとペットが公約すので、都市環境委員会を希望し、自民党幹事団のご配慮で、希望通りの配属になりました。
委員会では、何をしているのかは、次回の日記からの報告。
ちなみに私の本会議場での議席番号は3番、一番前の列右から三番目。
区長と対面の席。事実上区長に一番近い男です。
議場 議席番号3番


6月15日二回目の給料日でした。給料明細です。は60万と高額ですが、
ご覧頂いてわかるとおり、所得税と議員年金掛け金が高額。手取りの額は、同年代のサラリーマンの方々とほぼ同額。ここから国民健康保険、住民税、固定資産税へ支払う分もあり、色々な会費や慶弔費が出てまいります。大切な事は、この給与に見合った働きを期待されているのだと思います。
給与明細



なにしろ毎日書けばよいのですが、今日始めてブログの書き方を習いましたので、明日以降日記をできる限り書いていきたいと思っています。
プロフィール
おのせ康裕
  • 名前:
    おのせ康裕
  • 住所:
    東京都目黒区
  • 職業:
    目黒区議会議員
  • 所属:
    自由民主党