経歴

【昭和47年 2月27日】

浅間山荘事件当日、美術商の3代目として生まれる。

幼少より古い物を大切に扱う環境で育ちました。

悲しんでる人を笑わせる事が出来る喜劇役者を目指し「欽ちゃんの弟子になる」と公言するテレビっ子だった小学生時代、ブラウン管に映る田中角栄先生に強烈な印象を抱き、政治家を志望する。

田中先生のご自宅の足元である東京目白の私立獨協中学・高等学校を卒業。

18歳より単身永田町へ秘書として政治修行に出る。今と違い、公募などが無い時代、政治の世界への門は閉ざされていました。まして一族に政治関係者が一切いない環境では、必死に人脈と粘り強さで、学生秘書として活動しました。獨協大学法学部卒業。大学では学友会、大学祭実行委員会で活動。

これより先、自由民主党を中心に保守政党の秘書として福祉・教育・地方自治の現場を経験。

【平成6年】

学校法人職員として、教育の現場に全力投球!

【平成7年】

長野パラリンピック聖火ランナーを務める。

【平成8年】

古物営業許可証取得。家業の美術商を継承し、円高バブル後の中小企業経営の厳しさを痛感する。

この間も「政治への志」は代え難く、秘書として各級選挙、政策立案に参加。

【平成10年】

阪神・淡路大震災医療派遣員として現地で医療活動をサポート。
都市型災害の恐ろしさをこの目で直視する。

【平成14年】

目黒区長選による目黒区議会議員補欠選挙に「無投票当選阻止」の為、無所属で出馬。投票率20%弱という低投票率の中で 2,735票 を頂く。

【平成19年】

第回統一地方選挙 目黒区議会議員選挙に 自民党公認にて出馬。
目黒地区(東山・青葉台・中目黒・上目黒・祐天寺地区)の地元の皆様のご推挙を頂き初当選(1,256票)

一年目 都市環境委員会
二年目 文教・子ども委員会
三年目 生活福祉委員会
四年目 企画総務委員会 所属。

【平成23年】

目黒区議会議員選挙に自民党公認にて出馬。
元自民党除名区議 目黒区オンブズマンの政争目当ての妨害下、皆様よりさらに厚いご支援を受けて再選 (2205票)

一年目 都市環境委員会・震災対策調査特別委員会
二年目 生活福祉委員会副委員長・自民党区議団副幹事長
三年目 都市環境委員長・自民党区議団副幹事長
四年目 文教・子ども委員会・区有施設、施勝圏域調査特別委員会・決算特別委員会副委員長

現在に至る

プロフィール
おのせ康裕
  • 名前:
    おのせ康裕
  • 住所:
    東京都目黒区
  • 職業:
    目黒区議会議員
  • 所属:
    自由民主党